不安障害の症状・原因・治療方法について

不安障害とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称です。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてです。一般的に人口の10%を超えるとも言われています。年齢的には、10代後半から40代までに発症するのが普通です。不安障害の症状と不安障害の治療が何でしょうか?ほんブログでは、不安障害の症状と不安障害の治療方法などの情報についてご紹介します。

社会不安障害
社会不安障害とは、社会的な状況に対して異常なほどの恐怖を感じて、それを回避しようとする為に会社や学校などの社会生活が困難になる症状のことです。社会不安障害は「内気」「恥ずかしがり」などの性格の問題ではなく、発症すると不安障害の症状が持続します。

全般性不安障害
全般性不安障害の症状は様々な出来事や活動についての過剰な不安が長期間続く疾患です。単なる心配性とは異なり、全般性不安障害ではこれらの不安によって生活に様々な支障が出てしまいます。症状は慢性的に続き、数か月以上持続します。全般性不安障害は「不安が強い性格の人」と、病気ではなく性格傾向の1つだと誤解されてしまうことがありますが、両者は異なるものです。

強迫性障害
反復する強迫観念や強迫行為を主な不安障害の症状とし、昔からある神経症の代表的な類型のひとつです。強迫観念とは、心に繰り返し浮かぶ不快な考えやイメージで、本人はそれが無意味であるか、又は過剰であるとわかっていてもそれを打ち消す事ができず、せきたてられるのが特徴です。内容としては、過失や不潔に対する恐れ、他人や自分に危害を加える恐れなどが多く見受けられます。

不安障害の治療の中心は、精神療法と薬物療法です。
不安障害の治療、精神療法の基本となるのは、支持的精神療法です。不安、緊張、恐怖によって、一時的に機能不全に至った心の働きを治療者がサポートする精神療法です。受容、共感的態度で話しを聞き、患者様が感情や言葉で表現することを促すことによって、心の働きを病前の状態に回復させ、現実の状況に適応できるようにすることを目的とします。

不安障害の治療薬としては、抗うつ剤、抗不安薬、漢方薬などがあります。
抗うつ剤は特にセロトニンを増やす作用が優れるものを選びます。その理由は、不安障害はセロトニンの影響が大きいと考えられているからです。具体的にはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が良く用いられます。抗うつ剤は即効性はないものの、ゆっくり少しずつ不安を改善させてくれる不安障害の治療薬になります。

抗不安薬は、別名緩和精神安定剤と呼ばれ、一般的に安定剤と言われるものです。その作用は、その名のとおり不安を軽減する不安障害の治療薬です。その他、鎮静作用、眠気作用、筋肉の緊張の弛緩作用ななど、いくつかの働きがあります。

★世界シェアNO1のED治療薬で持続効果は36時間
シアリス通販など豊富な情報

★即効性が高く食事の影響を受け難いED治療薬
レビトラ販売