パニック障害にいて

突然動悸が激しくなり、息が詰まるほど苦しくなって、「死んでしまうのではないか」と強い不安に襲われたり、恐怖のあまり叫びしたりするのがパニック障害です。

男女ともにみられますが、1対2くらいの割合で女性に多いのが特徴です。また、パニック障害の研究が進んでいるアメリカでは10-20代の女性に多いといわれますが、日本ではもう少し年齢の高い30代くらいによくみられます。

症状は非常に多彩です。動悸や胸の痛み、息切れ、息苦しさ、窒息感などの心臓•呼吸器の症状、吐き気、腹部の不快感などの胃腸の症状、めまい、ふらつき、気が遠くなるような感じ、体や手足のふるえなどの神経症状、発汗、冷感、熱感などの全身症状、それに、現実感の喪失、死んでしまうのではないかという恐怖、発狂してしまうのではないかという恐怖などの精神症がみられます。

このような症状が前触れもなく突然始まって、十分以内にピークに達するものをパニック発作といいますが、パニック障害はこのようなパニック発作を繰り返します。

パニック障害は薬が良く効き、薬で発作を抑えることができる病気です。一般には抗うつ剤と抗不安薬などを組み合わせて使いますが、薬を飲み始めると、早い場合は数日で効果が現れることもあります。

それとともに、認知行動療法といって、これまで患者が避けていた場所などにあえて出かけていって、だんだん慣れさせることも非常に重要な治療です。玄関から外に出られなかった人なら、家族や友人などの信頼できる人に見守れながら少しずつ外に出て、外出する距離を延ばしていきます。人ごみや電車にも慣れるようにしていきます。

これまでパニック障害という病気は医師の間でもあまり知られていなかったため、せっかく病院へ行っても満足のいく治療が受けられない人もいました。しかし、最近では、精神科や心療内科でこの病気がよく知られるようになり、治療法も確立しているので、りかいしてもらえないということはなくなりました。