不安障害の基本情報について

不安障害とは
不安障害とは、遺伝、心理、家庭や社会環境の原因で、過度の不安、緊張、恐怖の情緒を抱いて、生活や仕事にいろいろな支障を与える精神疾患です。不安障害はある一種の疾患ではなく、いろいろな精神障害の総称とされています。

不安障害の種類と症状
不安障害はパニック障害、社会不安障害、強迫性障害、全般性不安障害、閉所恐怖症、高所恐怖症などの恐怖症という種類があります。ここで主にパニック障害、社会不安障害、強迫性障害という三種類の不安障害の症状を説明させていただきます。

パニック障害は突然、急劇に発作する疾患で、具体的にめまい、動悸、胸痛、呼吸が苦しい、発汗、手足が震えなどの症状があります。ひどい場合、意識を失うような恐怖、更に死んでしまうのではという恐怖の表現もあります。

社会不安障害は、また社交不安障害とも言います。強いストレス、人間関係をうまく扱うことができなく、更に脳内のセロトニンなどの神経伝達物質のバランスが崩れ、人前で発表したり、食事したりする場合、過度に不安や緊張を感じます。社会不安障害が進んでいると、仕事などの社会活動に参加できなくなったり、人と会うのが怖くて自宅から外出できなくなってしまうこともあります。

強迫性障害とは、ある特定の儀式を繰り返さないと物事を進められないという念で様々なことをします。強迫性障害の症状について、例えば、何回で手を洗い続けますけど、不潔の恐怖を持ち、間違いがなかったか何度も繰り返し確認する確認恐怖などが当てはまります。重篤な強迫性障害は生活にいろいろな迷惑をかけることができます。