どんな薬は抗不安薬に属しますか?

抗不安薬は、別名緩和精神安定剤と呼ばれ、一般的に安定剤と言われるものです。多岐にわたるうつ病の症状の中の不安感やイライラを軽減するために使用されます。具体的には、「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」と「セロトニン1A部分作動薬」の2つが抗不安薬に属します。鎮静作用、眠気作用、筋肉の緊張の弛緩作用ななど、いくつかの働きがあります。日本で使われている抗不安薬のほとんどはベンゾジアゼピン系に属しますので、漫然と使っていると依存してしまうこともあります。精神安定剤について正しく理解して、用法を守って使っていく必要があります。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の作用機序には「GABA」と呼ばれる物質が関わっています。GABAは中枢神経系を抑制する、代表的な脳内神経伝達物質。ベンゾジアゼピン系薬物にはGABAの脳内作用を増強する働きがあります。つまり、ベンゾジアゼピン系薬物がGABAの働きを強めることで、脳内の活動がスローダウンし、それが心の不安、緊張を和らげることになるのです。ただし、ベンゾジアゼピン系の薬は、効果がそのまま副作用につながります。昼間の強い眠気、注意力・集中力・反射運動能力が下がることもあります。また、長期服用による依存性があり、長期大量服薬後に急にやめると離脱症状(禁断症状)のでることがあります。

セロトニン1A部分作動薬は「セディール(タンドスピロン)」という1剤のみ発売されています。副作用が少なく、またベンゾジアゼピン系で問題となる耐性や依存性は生じないのですが、一方で効果が弱いところが欠点です。

★ジェネリック薬の価格と維持時間
レビトラジェネリックの徹底比較